今日にテーマは

 

この世に生まれた意味

 

についてお話しします。

 

この世に生まれてきたことに感謝します。

生かされていることに感謝します。

でも、この世に生まれた本当の意味について考えた時、

それはこうだと、はっきり言える人はそんなにいません。

 

そこで、みんなが知っているミツバチについてお話します。

 

ミツバチはせっせ、せっせと蜜を運びます。

それは人間に教え込まれたことだけれどきっと、自分の使命だと思っていることしょう。

 

だけど、ミツバチの本当の使命は違うんです

花から花へと飛び交いながら花の受粉を手伝うことそれが本来の使命です。

ミツバチはそうとも知らずに毎日、せっせとして受粉を手伝っているのです。

 

私たち人間も同じかもしれません。

無意識に何か人のためにしていること、それが、本当の使命なのかもしれません。

 

自然の摂理の中にこの世界の法則が秘められている。

 

だから何かに行き詰まった時、思い切って外に出てみましょう。

 

頭で考えるのはやめて、自然の中に身を置いてみる。

近くの公園でも川べりでもそこで出会った小さな自然はその時あなたが欲しい答えを、神様の代わりに教えてくれるはずだから。