起業するにあたって自分のサービスに違和感を感じたことありませんか

パーソナルコーディネーター®️

&心理カウンセラーの西島しおんです。

ご訪問ありがとうございます。

昨日はすごい雪でしたね。

あんなに降ったのは4年ぶりということ。

東京は雪には弱いですね。

町中が大パニック。

 

よりによって娘は今朝、海外旅行に出かけました。

大きなスーツケースがあったので、夫もそのまま会社に行くつもりで

駅まで一緒に行ってくれたのですが

 

バスは昨晩のネットの情報では

通常通りと言っていたはずが

突然の運休、タクシーもつかまらないと

途方に暮れながらもスーツケースを持ち

早朝、まだ6時前の雪道を

焦りながら歩いていたら

 

たまたま横を通った車の男性が

「駅まで乗せてあげるよ。」と言って

2人を乗せてくれたそうです。

そこだけ聞くとちょっと怖いけれど。

 

きっと親子を

不憫に思ってくださったんでしょうね。

 

その方はどうやら区の職員さんだったらしいんですが

世の中には親切な方がいらっしゃるんですね。

 

その車に乗せていただかなかったら

娘は成田エクスプレスに乗り遅れるところでした。

 

で、夫にお名刺頂いたの?

と聞いたら

「あ、忘れた。」

っていうんです。

・・・・・・・・・・・・・。

 

夫はサラリーマン

しかも、営業ではないので

そういうことは気がつかないのでしょうか?

それとも単なるアホなのか?

 

色々考えると

他にも色々考えてしまうので

やめておきます。

 

 

さて、

 

今日は、ブリランテメソードのマインド編

についてお話しします。

 

こちらは、

これから起業したいという方にも

参考にしていただけたら嬉しいのですが・・・。

 

自分のことってわかるようで

実は分からない。

 

だから、苦しい。

 

あなたにもそんな経験ありませんか?

 

今日は、そうした一例をお話したいと思います。

本人が特定できないよう、職種等はお話できないので

伝わるかどうか不安なのですが・・・・。

 

その方はあるスキルをお持ちの方で

それを教えることを

サービスにしたいとお考えなんですが

 

どこかに違和感を感じて

でも、それがなにかわからず

かなり悩んでおられる様子だったのです。

 

ご自身の得意なことが人に教えられるレベルなら

やってみたいと思うのは当然ですよね。

 

要するに先生の立場になるということ。

 

でも、何か引っかかる。

最初はご本人もそれが何かわからなかったのです。

 

 

それで、深くお話を聞いていくうちに

見えたんです。

「彼女、先生になりたいわけじゃないんだな。」

ってことが。

 

人に教えられるほど上達したそのスキル。

かと言ってプロになろうという考えは元からなく

それでも、それを学ぶことに何十年も

情熱をかけてこられたのは何故なのか?

 

という疑問が私の中で湧いてきました。

 

それを知るためには

彼女の心の奥深くに入っていかなければなりませんが

彼女がそれを受け入れてくれるでしょうか?

 

これから先はもう神に祈る気持ちです。

「どうぞ神様、私に力を貸してください。」

いつも実際に心の中で祈ります。

 

でも、不思議といつもそこから

セッションが加速するんです。

 

そして、これだって掴んだ時

鳥肌が立つ思いがするんです。

 

相手の方も心を開いて語り出します。

 

 

では、長くなりましたので、続きはまた明日。

 

 

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

「もう一度会いたい!!」
と思わせるマダムになって、あなたの世界を広げませんか?

 

あなたの本当のアイデンティティはなんでしょう。

そして、それに基づいた本当に見せたい姿とは

どんな姿でしょう。

 

選ばれる人となるために

パーソナルブランディングしませんか?

そしたらあなたの行動はますます広がり

その先に出会う人が変わって来ます。

 

その良き出会いによって、あなたのこれからの人生は

より素晴らしいものになっていくでしょう。

 
 
 

Stile Brillanteでは

あなたの属性、アイデンティティに最適な

パーソナルブランディングをいたします。

 ブリランテメソード

 ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン 

 

(お申し込み時、gmailからの着信許可をお願いしております。)

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

西島しおん

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう